猫のキィちゃんとの暮らしと趣味の編み物などなど、興味のあることを書いています!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2009年02月09日 (月) | 編集 |
先日誰も守ってくれないを見た

ドラマ版は「ながら見」だったからあまり内容覚えてなかったんだけど、映画とは違う話だったから良かった。
「娘へのプレゼント」とか「シャブ中発言」はドラマ見てないとって感じだけど、本編にあまり関係ないし。


小学生を刺殺した息子が逮捕されるところから始まる。

加害者家族を世間から守る為に両親は一旦離婚、そして再婚で母親の籍に入る。
こんなことホントにやってるんだろうか

その後家族バラバラにして事情聴取。

追い掛けてくるマスコミのしつこさが凄い
犯人ならまだしも、犯人の家族見ても別にという感じなんだが…。

母親は早々に自殺

ショックなのは分かるけど子供は息子だけじゃないんだから
なんだかなぁ~

娘は娘で、母親の自殺を防げなかった警察(佐藤浩市)を恨み困らせようと、わざわざ遠く離れた場所に避難してるのに、ネットに居場所を書き込む始末。

ここイラッときます

恋人にも裏切られ、自分を守ってくれる刑事にやっと心を開く。

「君が家族を守るんだ」という言葉を受けた娘が、最後は辛さを乗り越え、成長するって話かな


しかし、自殺した母親やお兄ちゃんの話は出てくるけど父親の話題はいっさい出てこない最後くらいは父親のことも聞いてあげようよ


志田未来は演技上手くてイイ

松田龍平も上手い
ドラマのシャブ中の演技は凄かった

そして佐藤浩市はカッコいい
いい役者さんです
スポンサーサイト



よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。