猫のキィちゃんとの暮らしと趣味の編み物などなど、興味のあることを書いています!
2008年08月29日 (金) | 編集 |
水曜日にNARUTO-ナルト- 疾風伝 絆観てきました

http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/naruto/movie08/index.html

風邪ひいたり体調不良だったりしてたんで、危うく見逃すところだった

『NARUTO』は最初の映画から全部観ているけど、どれもかなり良い出来で2回観にいったこともあった
どれもこれも好きだけど、一番好きだなぁと思うのは『大興奮!みかづき島のアニマル騒動(パニック)だってばよ』かなぁ。
やっぱり動物が出るからだろうか・・・

最初の映画の後、本編でサスケはおろち丸のところに行っちゃったから、2回目からは出番無し・・・。
でも、今回の『NARUTO-ナルト- 疾風伝 絆』では、とうとうナルトとサスケが再会する
これを見逃したらファンじゃない(特にサスケファンじゃ
と勢いこんで観にいった

映画館は最近何故か行く回数の多い、渋谷のQ-AXシネマ映画館。
フードコーナーではナルトウィンナーというものが売っていたウィンナーをナルトの模様のようにグルグルにしたもの。ナルトというよりは蚊取り線香に似ている・・・。
ロビーにはNARUTOキャラの等身大(といっていいものか、漫画だし)のポスターが貼られていた
観に来たファンの子たちは、あちこちで写メしていた私も撮りたかったけど、私の携帯のカメラ、イマイチきれいに写らないから断念。。。

外人さんの5~6人の団体さんもいた
さすがNARUTO、海外でも人気なんだぁ


内容はというと。

「どうしちゃったの」って感じ。
けして最悪って訳じゃないけど、今までの映画の出来が良すぎたため、今回のはどうも納得いかない。

しょっぱなから戦いが始まってるし。空忍の奇襲を受けて、木の葉隠れの里は大パニックみたいな。

大勢が怪我をし、それを助けたのが医師:神農。その神農に助けを求めてきたのが神農を師匠と慕うアマル
火の国のはずれにあるアマルの故郷も何者かの攻撃を受けたらしい。

神農とナルト・さくら・日向はアマルの故郷に向かう。

アマルは最初男の子の格好をして男言葉を使っていたのだが、女の子だと判明。これは結構読めていたけど。。。
しかもアマルは師匠:神農のことを好きだったり
神農はアマルの故郷に着いた途端、トリップにかかって殺されたり。
そうかと思えば、死んだ神農が敵として登場したり

ナルトたちが行った後、かかし先生やシカマル、サイたちが空忍に応戦するんだけど、それもなんだか中途半端。
サイはかっこよく活躍していたけど。

そしてナルト側では、おろち丸の用命でやってきたサスケと再会。

あんなに探し求めていたサスケに再会したのに、ナルトも日向もあまりびっくりした様子はないし。
もっと驚け~~~

ナルトとサスケ、一緒に戦ったりしたけど、最後は結局また離れて。
まーこれは原作のことを考えると仕方ないんだけど。

空飛ぶ要塞(?)遺跡(?)からサスケやみんなを逃がして、ナルト一人残り。
空中を落ちていくナルトを助けるため(?)アマルが飛び出し、ナルトをキャッチして「ずっと一緒だよ」と。
アマル、あんたは神農が好きだったんじゃ・・・

なんだか、と~~~っても中途半端というか、展開が速すぎるというか、荒いというか。

今までのNARUTO映画とは違った。

無理にサスケを絡めようとしたために、あちこち中途半端になってしまったのか
欲を出しすぎてしまったんじゃないのかな。。。

空忍と神農が関係あるなら、分けて戦わせない方がよかった。。。
そうしたら、ナルトたちと、サイたちも絡めるのに。
サスケは出づらいだろうけど。。。

ま~~~。
全然面白くないわけじゃないんだけど、今までがかなり良かったから期待しちゃうんだなぁ

良かったところは、サスケを見られたところ
冒頭から登場して、ナルトと一緒に戦うシーンもあった、相変わらずかっこよくて強いし

原作・アニメが楽しみだ

そうそう、入り口でコレもらった

CIMG4295.jpg

CIMG4296.jpg


前売り買わないともらえないかと思ってたから、ラッキー

「絆」の文字と、角度を変えるとナルトの絵が
サスケ版もほしい

スポンサーサイト



よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック