猫のキィちゃんとの暮らしと趣味の編み物などなど、興味のあることを書いています!
2008年08月25日 (月) | 編集 |
録りだめしていた先々週の西洋骨董洋菓子店をやっと見た

最初は絵に違和感を覚えたけど、よくよく見てみるとそれほど酷くはない。すごくキレイで原作に非常に近い部分もあれば、「へっ」ってところもあるけど、原作から大きくずれてはいないかもしれない。
背景も全体的にモヤがかかったようなぼかしたような感じで、それはそれでキレイなんだけど。

最初に感じた違和感は人物が背景から浮いた感じに見えるところだということがわかった

アニメのOPで、人物のイラストを切り取った平面の紙を、立体的に作られたアンティークの店内に組み合わせているけど、本編もそういうような感じを受ける。

なんだか人物だけペラっと浮いてる感じに見えるんだよね。。。
これって新しい手法なのかな
絵は大事だから、これからも丁寧に描いてほしいものだ。

脇役陣も、もっともっと出してほしい~~


で、先々週のアニメで。

クリスマス用の試作品、ショートケーキをベースに作ったケーキに対して、橘の、
「ショートケーキなんて、クリスマスならコンビニでも買えるような和製洋菓子を、三ツ星レストランのパティシエだったお前が作るのか
という言葉に、
「確かに、ショートケーキって日本特有のケーキだよね。フランスに生クリームだけを生地と単独で組み合わせたケーキはほとんど・・・(ていうか無いと思う。 ←この部分は省かれていたけど)」
と返す小野(天才パティシエ)。
続くセリフ。
「案外美味しいショートケーキを売っているお店って少ないもんだよ」
このセリフ、原作では小野が言ってるんだけど、アニメではアンティークのケーキファンの刑事さんのセリフになっていた。

でも、そのセリフは確かに合っていて。
本当に、美味しいショートケーキって少ないんですよ



ちなみにフランスにショートケーキがないのも本当の話。
 生クリームだけを使うことが少ないらしく、バタークリームを使ったものが多い。生のフルーツを直接ケーキにのせるのも珍しいらしいです。
日本でもこだわっているお店だと、ショートケーキを置いていないところもあるみたいです。



ショートケーキは、スポンジ生クリームのみ。
アンビベ(リキュールやシロップをスポンジ生地に染み込ませること)によっても違いは出てくるけど、大きなところではこの3つ。

3つしか使わないのに、味は店によって様々

ショートケーキは誤魔化しがきかないんだと思う
基本がなっていないと本当に美味しくはならないんだなぁ

原作読んだのは結構前だったから、その時はいまいちピンとこなかったけど、製菓学校に行ってそれがわかった

それまではあまりショートケーキを選ばなかったし、食べても美味しい美味しくないってあまり興味がなかったんだけど(橘と同じ意見だったもんで)、学校の先生のレシピで作ったショートケーキを食べて以来、ショートケーキの大ファンになってしまった
1ホールのケーキを一人で食べれるくらい美味しかった

同時にお店で売ってるショートケーキをあまり美味しいと思えなくなってきて・・・。

でも、それからはケーキ屋さんに行ったら、必ずショートケーキを頼むことにしている。
ショートケーキが美味しかったら、良い仕事をしているお店ってことで

結果は、生クリームが美味しくてもスポンジが駄目なお店や、スポンジは美味しいのに生クリームが・・・なお店や。
なかなか全てが美味しいお店って見つからない。

あと、ゴテゴテと大げさに飾りたくってあったり、クリームにカスタードが混ざっていたりと色々工夫されているものも、結局あまり美味しくはない。
シンプルなつくりで美味しいものを作れないから、デコレーションに走ってしまうんだろうな~とか思ってしまう。

現時点で美味しいと思えるショートケーキは、先生のレシピのショートケーキと、アニバーサリーのショートケーキ
これがアニバーサリーのショートケーキ

アニバーサリー 1


もっと美味しいショートケーキに出会えるように、ショートケーキのみの食べ歩きしてみよう
スポンサーサイト



よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック