FC2ブログ
猫のキィちゃんとの暮らしと趣味の編み物などなど、興味のあることを書いています!
2018年12月03日 (月) | 編集 |
先日の金曜22日はキィちゃんの百箇日法要でした。



本当は会社を休みたかったけど月末払い関係の仕事があって午後半休。

仕事を終えて、お花を取りに行って。

お花は先週の月命日のお花を挿し替えてもらったのと今日の為に新しくお願いしたのと2つ。

着替えてお花2つとキィちゃんのお骨と写真を持って大蔵動物霊園へ。



着いてからご飯を忘れた事に気が付きました。。。キィちゃんゴメン。

柿も買ってあったのに。

やっぱり1日休んでゆっくり準備しないとダメですね。



2018112420513060b.jpeg

20181124205130552.jpeg


法要中、号泣することはなかったけどやはりハラハラと涙が出てきます。

あの場所に行くと、キィちゃんが亡くなってすぐの事を思い出してしまいます。




法要が終わってロビーにいたらスタッフの方がジジちゃんを連れてきて。

20181124205130b44.jpeg


懐っこい子は可愛いです。





帰りは新宿からタクシーに乗ってしまいました。

帰りはお花3つ(霊園で1つお願いしてあったので)にお骨を持っていたのですが、荷物の数はいつもと同じだったけど、初七日、三十五日法要、四十九日法要、百箇日法要と4回も使いまわした紙袋がそろそろ重さで抜けるんじゃないかと心配になり、雨も降りそうだし疲れもあって。


もう4回目の法要を終えたのだなぁと思うと寂しくなります。

次は一周忌まで何もないので。

月命日は華やかにしてあげようと思います。




夜はデパ地下で買った、精進料理っぽいお料理でキィちゃんと晩酌。


20181124205615a28.jpeg




キィちゃん、今日はお疲れ様でした。


20181124205615629.jpeg




#キィちゃん #キィちゃんロス #キジトラ#保護猫 #ペットロス #ペットロスから抜け出せない #百箇日法要 #猫と晩酌 #会いたいよ #ずっと大好き #ずっと大好きキィちゃん
スポンサーサイト





よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

2018年12月13日 (木) | 編集 |
11月22日の百箇日法要の時にお骨のペンダントを購入しました。


ペンダントにメッセージを入れてもらったので受け取ったのは12月1日。


メッセージは

「(猫マーク)キィちゃん (猫マーク)
大好き❤︎ずっと一緒だよ」

このブログをキィちゃんのブログにして再スタートした時、ブログタイトルも新しくしました。

ずっと一緒にいたいという思いを込めて

「キィちゃんといっしょ」

にしました。

だから本当はメッセージは1行で

「キィちゃん ずっといっしょだよ」

にしたかったのですが、1行に15文字が限界でそれ以上だと小さくて読みづらくなるということ。
2行書けるので1行に10文字くらいが良いでしょうと言われたので2行に分けて「大好き」を入れました。
大好き、入れて良かった。


お骨を動物霊園に持っていけば霊園の方で骨壷を開けてくれるという事だったので、先週キィちゃん(のお骨)と一緒に動物霊園まで行ってきました。


メッセージ入りのペンダント
20181212235316135.jpeg



霊園で選んでくれたお骨は2つ。

真っ白でとても小さくてキィちゃんらしい可愛いお骨でした。

ペンダントはあまり大きくはないのでお骨以外を入れるのは無理と言われたけど、なんとか頑張って、以前スタジオで撮ってもらったキィちゃんとの写真、おヒゲ、爪の抜け殻、ブラッシングの時に取っていた毛を少しをギュウギュウだったけど全部入れることが出来ました。


キィちゃんとのツーショット写真
2018121223531608e.jpeg


それから毎日キィちゃんと一緒に出掛けています。会社もそれ以外もどこでも一緒です。


ペンダントを受け取った日、一旦家に帰ってご飯を食べて、夜9時過ぎから始まる映画を観に新宿ピカデリーに行きました。

半年間鑑賞しないとポイントが消滅してしまうのでファーストデーだったし行っておこうと思って、キィちゃんと一緒に行きました。

帰りは最終電車。
キィちゃんと出会った日と全く同じシチュエーション。

あの日も9時過ぎくらいから始まる映画を観るために一旦家に帰ってご飯を食べて、帰りは終電くらいでした。
そしてキィちゃんと出会いました。

あの時は1人だったけど今回はキィちゃんと2人。


キィちゃん、ずっと一緒だよ。



#キィちゃん #キィちゃんロス #キジトラ#保護猫 #ペットロス #ペットロスから抜け出せない #お骨ペンダント #キィちゃんと一緒#一緒の写真 #猫と一緒に撮影 #写真スタジオ #ペットと一緒に撮影 #お骨もとても可愛いかったです


よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

2018年12月21日 (金) | 編集 |
キィちゃんが居なくなって以来、ほぼ遊びに行っていません。


まだキィちゃんがウチにいるから、というのもありますが、ワイワイ出来ないというか。

そういう場に行って、なんとか笑ってお話し出来るかもしれませんが、前のようなテンションにはならないだろうなぁ。(まぁ以前もそれほどテンション高くはなかったですが。)

そういう会に参加すると帰宅後が本当に寂しいと思います。

キィちゃんがいる頃は帰るのが楽しみで、玄関を開けると駆け寄ってくるキィちゃんが可愛くて、キィちゃんが待っていてくれたから遊びも楽しめました。


今は帰っても1人。

ゴロたんはいますが、やっぱりキィちゃんとは違うので。

キィちゃんは私の後を付いて回って私のやる事に参加して、いつも会話をしているような感じでした。
みんなでワイワイ飲んだり食べたりして家に帰ってポツンとなるのは本当にキツイ。

普通に家に居ても寂しいのに。


こういう時家族・家庭があると違うんだろうなぁと思います。

ここまでペットロスを引きずらないのかなと。

キィちゃんの4回目の月命日も過ぎましたが何も楽しく思えず、ただただ毎日毎日朝起きて、会社に行って仕事して、ご飯を食べて、お風呂に入って、寝る。それの繰り返しで。

家に居ても会社で仕事をしていても常にキィちゃんの事を考えていて、悔やんだり悲しくなったり。

家族がいたらキィちゃんの思い出や喪くした悲しみを分かち合えるのかなと。

キィちゃんとは関係ない日常会話も出来るし、そういう色んな会話を重ねていくうちに徐々に悲しみや後悔が和らいでいって、笑顔でキィちゃんの思い出を話せるようになるんでしょうね。


キィちゃんが生きがいみたいなものだったからなぁ。


ずっとこんな感じで毎日が過ぎていくのかなぁ。


イベントが近付いてきているからナーバスになっているのかもしれませんね。


20181221225307e80.jpeg

キィちゃんの4回目の月命日に買ったお花。

もうすぐクリスマスです。







よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

2018年12月23日 (日) | 編集 |
だいぶ遅れてしまいましたが。

9月7日に受けたアネラさんのアニマルコミュニケーションの内容をUPします。

以前動物病院でアネラさんの「猫の言い分お伝えします」というのを読んで日本人でもハイジさんのような方がいるんだと感動して。
でもハワイにお住まいなのでセッションを受けられるのは年に数回日本に来られる時でしかも抽選。

今回はキィちゃんのお葬式の日にたまたまアネラさんが日本に来られるという情報を知り応募したところ当選しました。
応募時にセッションを受ける動物が亡くなっている場合は記載してくださいとあったので優先してもらえたのかもしれません。



当日用意した写真はキィちゃん4枚、ゴロたん2枚。

20181222234223702.jpeg

20181222233909322.jpeg

20181222233909b86.jpeg

20181222234223902.jpeg

20181222234223dd2.jpeg


年齢を聞かれて、保護猫なのでハッキリとはわからないと伝え、保護した経緯も話しました。

質問1
キィちゃんは今どこにいるの?
回答
49日過ぎても家にいるとのこと。

質問2
キィちゃんはウチにきて幸せだった?
回答
幸せだった。
でも元々野良だから外に興味があったみたい。ハーネスつけて散歩してあげたら良かったかもと。

質問3
キィちゃんが楽しかったことは?
回答
アネラさんは、キィちゃんがこういう姿をしていますと言われて。身体を少し斜めに傾けて、スリスリッとしている感じ。
一緒に寄り添えたことが幸せだったと。

質問4
逆に嫌だったことは?
回答
嫌というわけじゃないけど、外を懐かしく思っていたみたい。
ウチに来る前も数軒ご飯をもらっていた家があって人馴れしていたみたい。

質問5
キィちゃんが痙攣を起こした日、タクシーで病院に行く途中、キャリーバッグから身を乗り出して私の手のひらに顔を押し当てて「ニャーン、ニャーン」と2回大きく鳴いたのは何を言いたかったの?
回答
キィちゃんはもうすぐお別れだと分かっていたから
「もう病院に行かなくていいよ」
と言っていたみたい。
あと、キィちゃんは病院が好きじゃなかったみたいと。

質問6
キィちゃんは私が会社に行く時玄関まで追いかけてくることはなかったのに、キィちゃんとお別れする前は玄関まで出てくることが数回あって、一度は一緒に玄関の外に出ようとして。そんなこと今まで無かったからアレは意味があったのかなと。
回答
お別れが近いから私を悲しませないように家から出てどこかに行こうとしていた。

質問7
ゴロたんの事はどう思っていた?
ゴロたんを保護したせいで我慢させていたんじゃないか?
回答
お互いに距離を保っていたからストレスはあまり無かった。

質問8
私のことはどう思っていた?
回答
大好きだよ。

質問9
今年に入って残業ばかりで、やっと残業が落ち着くかなと思っていた矢先キィちゃんが亡くなって。いつも帰りが遅くなって寂しかったよね?ごめんね。
回答
身体の調子もイマイチだったからお留守番中はゆっくり寝ていられてよかったのかも。

質問10
もっとオモチャとか買ってあげればよかったね?
回答
オモチャはあまり好きじゃなかったみたい。

質問11
生まれ変わってまた会いに来てくれる?
回答
私は今まで生まれ変わりにあったことがない。
生まれ変わらなくてもキィちゃんは今でも一緒にいるから。
キィちゃんは1人しかいないんだよ、と。

あと、キィちゃんはゴロたんにあとはヨロシクと引き継いだみたいと。自分はずっと家にいるけど姿は見えないからゴロたんに私の事を頼んだらしい。
ゴロたんは今までキィちゃんに気を使っていたみたいとも言っていた。


アネラさんはキィちゃんとゴロたんの写真を見て、元野良でこんなに毛並みがいいんだとビックリされていました。

あとキィちゃん推定年齢11歳、ゴロたん推定年齢10歳とお伝えしましたが、キィちゃんは13歳くらい、ゴロたんはもっと若くて8〜9歳くらいも言われました。


セッション中はやっぱり大泣きしてしまい全て書き留められていないかも。

数カ所当たっていない箇所もあったような。

病院嫌いって言われたけど、最後の診察は確かにすぐにバックに入りたがったけど、比較的病院を嫌がっていた感じは無かったから。診察室で先生に首をカキカキしてもらったりしててリラックスしていたりしたし、入院中も看護師さん達に構って構って〜と言っていたらしいし。

オモチャも好きじゃないって言われたけど、キィちゃんはご飯よりも遊ぶ方が大好きで、トンボを振るとものすごい勢いで走り回っていたので、オモチャは大好きだったと思うから。
確かに体調が悪くなっただろう時期はちょっと遊んでもすぐ終わっていたけど。

ウチに来る前にご飯をもらっていた家が数軒あったと言われたけど、保護当時のキィちゃんはガリガリに痩せていてご飯もあげたらあげるだけ食べていてだいぶ飢えていた感じだったから通い猫をしている雰囲気は無かったからなぁ。確かに人馴れはしていたけど。

ハーネスつけての散歩は私も最初考えていたけど、家の前がかなり交通量がある道路なので怖くて。ハーネスつけててもソレが外れてしまったら、パニックになって逃げ出したらと思うと出来なかった。
散歩させてあげた方が良かったのかな。

ゴロたんも元野良だと言ったら、ハーネスで散歩させてあげたら?と言われた。
ゴロたんはキィちゃん以上にビビりだし抱っこが苦手だから何かあった時に制御出来なそうで怖い。でもやった方がいいのかな。

生まれ変わらないと聞いて結構ショック。
でも確かに、生まれ変わってもキィちゃんそのものではないんだよな。。。と思ってもいのだけど。


セッションは30分、短めの割に質問数は多かったのですが、それぞれの回答は簡単なものでした。


とりあえず他の方にも聞いてみようかと思って、9月中に別のアニマルコミュニケーターさんのセッションを受けました。
それについてはまたUPします。


セッションを受けてみて、アネラさんは犬の方が得意なのかなと思いました。
元野良だというと必ずハーネス付けてお散歩をというのは犬飼いの方の考えじゃないかなと。

猫については猫の行動学の通りの回答だった気がします。
猫は死期が分かって死ぬ時は飼い主にその姿を見せないとか。











よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

2018年12月25日 (火) | 編集 |
今日はクリスマス。

今年もキィちゃんと過ごせると思っていました。

2014年のクリスマスイブとクリスマスのブログ写真より。



試着の時はお昼だったので着せてもウトウトzzz

20181225120356731.jpeg


夜は動く動く(^_^;)
服もはだけそう〜

201812251203563ab.jpeg

2018122512035677b.jpeg



2014年から毎年サンタさんになってくれたキィちゃん。
可愛いかった(^_^)
今年はもっと動きやすい衣装を新しく作ろうと思っていたのになぁ。。。


昨日はキィちゃんとゴロたんと3人で、キィちゃんといつも一緒に観ていた有吉ゼミを観ながらクリスマスパーティーをしました。


お写真に帽子を被ってもらいました。

20181225120637213.jpeg


20181225120637474.jpeg

キィちゃんとゴロたんには伊勢丹のホタテ、私はスーパーのホタテ(^_^;)

20181225120637f31.jpeg


ロリオリ365 のクリスマスケーキ。
今年のキィちゃんの誕生日も私の誕生日もロリオリ365 のケーキでした。

201812251206372bc.jpeg


これから毎年寂しいなぁ。。。



#キィちゃん #キィちゃんロス #キジトラ#保護猫 #ペットロス #ペットロスから抜け出せない #クリスマスパーティー


よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

2018年12月26日 (水) | 編集 |
10月にCANAEL104さんに依頼していたキィちゃんの肖像画。

CANAEL104



11月20日に届きましたが12月まで開けずにとっておいて、15日の月命日に開けました。


キィちゃんと私へのクリスマスプレゼントです!


20181226204911c77.jpeg



こんなに綺麗に描いてもらって。


20181226204911e2b.jpeg


キィちゃん喜んでいるかな?

お願いして良かったです。


この写真をモデルにしてもらいました。


20181226205124691.png


絵はキィちゃんがよく座っていた椅子の上に飾っています!


#キィちゃん #キィちゃんロス #キジトラ#保護猫 #ペットロス #ペットロスから抜け出せない #CANAEL104 #ペット肖像画 #クリスマスプレゼント #猫の肖像画


よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

2018年12月27日 (木) | 編集 |
キィちゃんのアニマルコミュニケーションのレポートです。

今回はkikiのテーブルさんにお願いしました。

予め写真を送り、質問とその背景を簡単に連絡しまさした。

20181222234223702.jpeg


20181222233909322.jpeg


20181222233909b86.jpeg



kikiのテーブルさんでの初めてのアニマルコミュニケーションは9月22日でしたが、実はこの前の23日に2回目をやってもらったので近いうちに2回目のレポートもUPします。

以下はセッションを受けてレポートを送ってもらってすぐの頃、インスタにUPしたものをコピペしました。



セッション当日。

最初に、
「とても可愛くて器量好しで賢くて人懐こくて云々、自慢の我が子って感じでしょう」
と言われました。
その通り、キィちゃんは誰に対しても愛想良く、逃げたり怒ったりせず、本当に自慢の子でした。

まずビックリしたのが、キィちゃんが私を呼ぶ時、
「ママとも言うけど他の呼び方もしていて。さっちゃん?って呼んでいます」
と!
私はキィちゃんに話しかける時「さっちゃんはね」といつも言っていました。病院でもどこでも「ママ」と呼ばれることが多いけど、
私がキィちゃんに「さっちゃん」と言っているのは誰にも言ったことがありません。それだけでもビックリでした。

kikiのテーブルさんのセッションでは後でレポートを送ってもらえるのでオプションで依頼していました。
以下レポートの内容です。

###########################
内容表記のご説明
 
 
太字:コミュニケータが感じたこと 動物さんが伝えてきたことで強く感じた箇所
「 」:動物さんの発言
( ):(コミュニケータが感じたもの、追記情報など)
 
 
***キィさんの印象***
 

とても可愛い(容姿も美人)猫さん。賢くて物おじせず、動じず、なんでもよくわかっていて、本当によくできた子。淋しがりの人が大好きな猫さん。人間なら、親友や姉妹になりたいタイプ。まだこちらの世界にいる。毎朝一緒に出勤していて、帰ってくるのをマンションの下で待っている。(一緒に上がってきている)足にスリスリする姿。中園さと出会う前も、人と暮らしていた。捨てられたり置いていかれたり、きちんと面倒見てくれる人はいなかった。とても若く見えるが、旅立った時、12〜13歳だったと思われる。ゴロたんは悪い子ではないが、ビビリで、キィさんから見て無神経、デリカシーに欠けると思える。同じようなキジ柄で、甘えん坊の猫さんの姿が観える。ゴロたんが出てくると、キィさんは引いてしまう感じ。
身体の中で気になるのは、腎臓、心臓、甲状腺機能亢進。
中園さんのことは、ママと呼んだり、さっちゃんと呼んだりする。聞こえた感じのまま記入した。
 
窓枠の所から外を眺めている姿で、出てきた。いつもそうやって外を眺めては、日がな一日過ごしていた。帰って来た時の足音がすると、出迎えに行くのが好きだった。ゴロンゴロンして、可愛がってもらうのが大好き。確かに、ゴロたんが来てストレスもあったけれど、とてもとても、幸せだった。

 
「そう良かった!ママがゴロたんのこと気にして、キィちゃんはストレスじゃなかった?1人で甘えっ子だったのに、ごめんねと言っていますよ」
 
そうね、最初の3年半はさっちゃんと私2人で、本当にラブラブだった。留守番している時、退屈で淋しさもあったけれど、その分、居る時の密着度は半端なくて、とても濃密な時間だった。さっちゃんと私は、最初からすぐに馴染んで、ずっと一緒にいたみたいだった。ゴロたんが来てからは、しょっちゅうムーツとしたり、ウザいなと思ったけれど、ワルイ子じゃないのわかっているわ」
 
「旅立つ少し前に、朝の出勤時いっしょに出たがったことがあったけれど、何か意味があったの?」
 
「ああ、あの時ね。私旅立つ半月前くらいから予感のような予兆のようなものがあって、不安だった。ママが居ない時、1〜2回かな、すごくドキドキして苦しくなって。それでお留守番も不安になってしまった。また留守中あんな風になったらどうしよう?って思って、ママと離れたくなかったの。(この時は、お留守番というより置いていかれる感覚)一緒について行きたかったの。ああ、もちろん、仕事についていけないことはわかっていたけれど」
 
 
旅立つ前日の朝、病院に向かうタクシーの中で身を乗り出して鳴いていたのは、どうして?
 
「あの時は、自分でもどうしていかわからなかったの。急に苦しくなって心臓がばくばくして、身体の中から飛び出してきそうな、変な感覚だったの。人間でも、きっとそういうことあるでしょう?ああ、なになに?どうしてっていうような症状。急に具合が悪くなる時よ。ママにくっついていないとどうにかなりそうで。触ってもらっていたら、随分落ち着いてきたの」
 
「今年になって、ママがとても仕事が忙しくなって、かまってあげられなかったこと、どう思っていた?」
 
「うん、もちろん寂しかったの。でも仕事なのだなと言うのは、ママが帰ってきた時の疲れ度合い見れば、よくわかった。いつもクタクタだった。何度か遊びに行ったのだって、それくらいはママにも必要なことでしょう?だって普通の日は、家に寝に帰ってくる感じだった。私もゴロたんも、そんなママを見ていたし、仕事なのだから、仕方ないってことはよくわかっていたよ。でも、もう一度、誰にも何にも邪魔されず、さっちゃんと2人だけの時間が欲しかった。だけど、そうできなかったのは誰のせいでもないの
 
 
何か言いたいこと、してほしいことある?
 
私、今年いっぱいくらいはまだお家にいたいの。だから、私のご飯は、私の席にというようにして、ちゃんと取り分けて置いてね。そして、さっちゃんが帰ってきたら、いつものようにキィちゃんただいま!キィちゃんご飯!というように、私の好物(白い物を小さく刻んだ感じ)も、時々ほしいの。ゴロたんにも、そんな風にしてキィちゃんは、今年いっぱいくらいいるよ!と、説明してあげて。あの子、そういうのわからなくて私のことも、怖いみたいだから」
 
最後に何ありますか?
 
さっちゃん、5年間本当にありがとう!身体に気をつけてね。ゴロたんが淋しがって居るから、私が上に行ったら(来年)また、猫を迎えてあげて

 
 
以上ご報告いたします。
 
 ###############################


2時間くらいのセッションをまとめたものですが、これ以外でも。


「部屋のから出て曲がった所、洗面所?お風呂?そこによく居た」
と言われ。

キィちゃんはクーラーが苦手だったので(設定温度28度でも)、よく洗面所のマットの上で寝ていました、お風呂にも一緒に入っていました、と言うと
「お風呂の蓋の上で寝ていたのね」
と。その通り。


ゴロたんが来るまでの3年半は私とキィちゃんは本当にベッタリで、キィちゃんも甘えてきてくれて。ゴロたんが来てからそういう時間が少なくなって、私も「もう一度キィちゃんと2人だけの生活をしたい」と何度も思っていました。

キィちゃんも思っていてくれたみたいです。何が何でもゴロたんの里親さんを見つけるべきでした。
キィちゃん、ごめんね。。。


キィちゃんが言っていた、好物の白くて小さく刻んだもの。

これはホタテでした。

私がお刺身を食べる時のおすそ分けや、お正月やら何かの時によくホタテのお刺身を小さく切ってあげていました。キィちゃんは抜歯しているので食べやすいように切ってあげていました。

セッションの日の夜、早速ホタテを小さくきってあげました。


レポートにも買いてありますが、キィちゃんは最初は飼われていたけど、捨てられたか引っ越しで置いていかれたか、それ以来野良生活をしていて、人に頼りながら必死に本当に必死に生きていたそうです。

そして最後の最後ギリギリまで生き抜いたと。

最期の日、自発呼吸が出来なくなっても心臓が動いていたのは、私に時間をくれたんだそうです。納得というか(亡くなるという事を)受け入れる時間を。
キィちゃんは私の為に頑張ってくれたんです。


コミュニケーターさんはキィちゃんをすごく褒めてくれて、私が

「こんな子にはもう出会えないと思う」

と言うと、

「こんなに可愛いくて、性格も可愛いくて、人懐こくて、賢い子はめったにいないですよ」

と言ってくれて。

キィちゃんは亡くなっても、私の自慢の可愛い子です!


今回のアニマルコミュニケーターさんは本当に当たるというか、視えている方でした。
写真を3枚用意して、2枚は昨年撮ったもので、もう一枚は今年の6月に撮ったものでしたが、6月の写真を見て
「この写真の頃はもう具合が悪くなってますね」と。

確かにその前くらいから食欲が落ち始めていました。
写真に日付は書いていないのにわかるんだなとビックリ。

キィちゃんが生きているうちに見てもらっていたら身体の不調にも気付けていたのかな。
そうしたらもっと早く家に帰ってあげたり、レイキをやってあげたり、ゴロたんをとりあえず実家に預けたり出来ていたのかな。




よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村