猫のキィちゃんとの暮らしと趣味の編み物などなど、興味のあることを書いています!
2016年02月15日 (月) | 編集 |
今日はもともとウォーターサーバーの水を宅配してもらおうと思って年休を取っていました。
宅配は月・木曜のみで、空のボトルをマンションのロビーに置いておけば、宅配の際に持っていってもらえて新しい水もロビーに置いていってもらえるのですが、水が1つ12Lで3つからの宅配なのでロビーから部屋まで運ぶのが大変で・・・。

でも先週水の注文をしたところ一番早いお届けが11日(木)になると言われその日に持ってきてもらったので今日の予定が無くなりました(^_^;)

ということで。

映画を観に行ってきました(^O^)


安ケンの「俳優 亀岡拓次」!!

観よう観ようと思っていたけどなかなか会社帰りに行けなかったので丁度良かったです(^O^)


亀岡拓次


「顔は見たことはあるけど名前は知らない」
脇役俳優の亀岡拓次の俳優生活が描かれている映画!

俳優役なので映画の中でも色んな安ケンの演技が見れてなんだか得した気分です(^O^)

安ケン、いいですね~
色気のある役者さんだと思います(^O^)

onちゃんの安ケンも大好きですが(^_^;)


観てよかったです!!!


映画が終わったら、先日観た「猫なんかよんでもこない」の漫画1巻を買っただけで、すぐに帰りました(^O^)

家を出る時にキィちゃんが

「えっ! どこか行くの!?」

という感じの顔で見ていたので(^_^;)


帰宅して、キィちゃんとたくさん遊んで!!

今は休憩中です~

20160215164007c68.jpeg






スポンサーサイト


よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2015年05月01日 (金) | 編集 |
今日はファーストデー!!

会社はメーデーでお休みなので朝一番の回の映画を観に行きました(⌒▽⌒)



今日もTOHOシネマズ新宿!
「龍三と七人の子分たち」を観ました(⌒▽⌒)

龍三か、ドラゴンボールにするか、コナンにするか悩んだけど、GWの日中は子供が多そうなので龍三にしました(^_^;)

何度も大笑いしました(⌒▽⌒)
たけしの実話も入っていて、それを藤竜也が演じていたのがギャップがあってイイ!!

安ケンが出ているとは知らなかったので嬉しいサプライズ(⌒▽⌒)




家を出る時のキィちゃんは。

一昨日映画に行った時と同じで、出掛ける支度を始めるとベッド横の棚に入っていました。

すねているのかもです(^_^;)

20150501105537d1e.jpg



目が恨めしそう(笑)

20150501105537d76.jpg







よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2015年04月29日 (水) | 編集 |
4月17日にOPENした、TOHOシネマズ新宿に行ってきました(⌒▽⌒)

10時半からの「寄生獣」を観に!!


歌舞伎町にそびえ立つ建物!
こんなの出来ていたんですね(^_^;)




近づくと!
左上からゴジラが狙っています(笑)

20150429133807217.jpg


ロビー

20150429133807b64.jpg


シンデレラのガラスの靴が展示してありました!!
綺麗✨

20150429133807cae.jpg

トイレ(笑)

20150429140557f40.jpg


「寄生獣」は見応えありました!!
深津絵里イイ!!(⌒▽⌒)泣きました!!

ミギーとシンイチの友情やミギーの自己犠牲にも感動😢

新井浩文の異常な演技とかも良い(笑)

最後、ミギーは結局どうなるんだろう。


橋下愛は。。。
なんだか最近ゴツくなったような・・・(^_^;)
小雪っぽいいかつさが(笑)
綺麗なんだけど高校生の役があまり合わなくなってきているかな〜

もっと大人になったら妖艶な美女って感じになりそうだ!!



新宿にもTOHOシネマズが出来て嬉しい〜(⌒▽⌒)

キィちゃんがウチに来てからは毎週のように観ていた映画もあまり観なくなり、観る時もそれまでは六本木のTOHOまで行ったりしてましたが、なるべく近くの新宿ピカデリーで観るようにしていました。

ピカデリーも良いのだけど、座席の背もたれが高すぎて首が痛くなるんですよね。TOHOの背もたれはまぁ良い高さ。六本木の高さが一番良いけど(^_^;)
ポップコーンもTOHOの方が美味しいし!!
ただ、コーヒーだけは新宿バルト9が一番だけど(⌒▽⌒)でもバルトはレディースデーがないからな〜(^_^;)

TOHO新宿でポイント貯めて、六本木のプレミアスクリーンで観よう(笑)




お留守番のキィちゃんは。。。


朝はこんな感じで寝てましたが。

201504291338078ac.jpg


私が出かける準備をすると姿を見せなくなり。。。

ベッドサイドの棚に隠れていました(^_^;)
留守番が不満だったのか。。。。?

2015042913380727f.jpg



映画観て少し買い物して、13時半には帰宅してキィちゃんと遊びました(⌒▽⌒)





よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2010年01月11日 (月) | 編集 |
素晴らしかったのは、ジュリア役のメリル・ストリープの演技

役にピッタリでやっぱり上手い

ジュリー側よりもジュリア側のストーリーが楽しくて見ていました

映画の最後のほうで、ジュリーのブログが話題になり新聞に載ったことで出版社関係からゾクゾク出版依頼の留守番電話があるなか、

『ジュリアはジュリーのことを良く思っていない』

というメッセージがあり。

若い頃のジュリアが明るく朗らかな女性で、出版の際ロクに手伝いもしなかった友人に対しても温情をかけていた場面があったので多少ビックリはしたけど。

でも、「う~ん、わかる」

と思ってしまった

だって、ジュリーはただジュリアのレシピを作ってブログと書いていただけなんだし。

たしかに365日で大量のレシピを再現することは大変かもしれない。人気ブログになるのは別にかまわないけど、出版はどうだろう。。。

自分のオリジナルレシピで人気ブログになったのなら何の問題もないけど、レシピを作ったのはジュリアなんだし。

ジュリアは料理の初歩から勉強して、自分で工夫を重ね努力して、自分の力でレシピ本を完成したのだから

しかも、最初はジュリアが好きだからという純粋な気持ちだったけど、後半は出版社にどう気に入られるか等の方にばかり気をとられ周囲に当り散らす有様。

こんなんじゃジュリアも嫌になるだろう。

ジュリアについて書かれるブログも、ジュリーの少し押し付け気味な気持ちに引いちゃったのかな~とも思ってしまった。


よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2009年10月09日 (金) | 編集 |
今日は朝から台風で
電車が止まったりで、会社に着いたのは10時過ぎ。
うちのグループは1人しか来ていなかった
午前中は二人ぼっち 。。。

午後になって、あと2人増えて今日は4人でした。

もともとお休み取ってる人が2人、台風で来れなかった人2人。計4人休み 。
8人しかいないグループの半分がお休みだったから、何かと忙しくて疲れた~~~


でも、今日はチケット買っていたのでヒルズへ映画観に行った

プレミアスクリーンでウルヴァリン

「X-MEN」大好き色んな能力のミュータント、見てて楽しい

ウルヴァリンはもちろん好きだけど。

他にも大好きなミュータントは、敵方だけどミスティークスタイル抜群

ストームもいいね~。

サイクロップス(スコット)も、顔見えないけどイイ

そうそう、アイスマンはTV版で遊佐さんが声あててた。
アイスマンはどうみても10代なのに・・・
遊佐さん頑張ってるね(40歳・・・笑)


今回の映画は、ウルヴァリンの誕生の話。

あの手の武器は最初から金属じゃなかったんだとか。

何故記憶が無くなったのかとか。

謎が明らかになっている

スコットも出ていた

そういえば、今回の映画に出てきたちょっとイケメンのカード使い(?)は、アノ後どうなったんだ


「X-MEN」1~3観なおして、また映画行こうかな



よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2009年08月04日 (火) | 編集 |
1日のファーストデーはもちろん映画三昧

シャンプー屋でクイックシャンプーしてもらい(忘れ物を取りに会社に行ったのでついでに)、映画3本観た


まず山形スクリーム
竹中直人監督のホラーコメディー

http://yamagatascream.gyao.jp/

最初はちょっとノリについていけない感じだったんだけど。
多分周りの反応もそんな感じ。

でもストーリーが進むにつれてなんだか面白くなって
波来前胸恵役の波瑠という女の子の戦いっぷりが素晴らしかった

なんだか『ショーン・オブ・ザ・デッド』を思わせるホラーコメディ


あっ、『ショーン・オブ・ザ・デッド』は超~~~~~面白いから是非是非観てみてください


で、次は、エヴァンゲリオン 破

序も見てないのに観ちゃいました
でも全然大丈夫

上映されてから1ヶ月経つのに、大き目の劇場は満員
さすがエヴァ~~

「ポカポカ」とか言ってる綾波が可愛かったよ

カヲルくんも美しく登場してくれたし
本格的に出てくるのは次だけど。

序を家で見てから、再度「破」に挑む


最後はそんな彼なら捨てちゃえば

TVCMがかーなーり気に入らないんだけど。
なんだあの大勢の男どもは。

でも映画はサイコー面白かった

女の子たちが友達を慰めるために、電話がかかってこないのは、
「電話番号を失くしたからよ」
とか
「真剣だから慎重になってる」
とか、挙句の果ては
「旅に出た」
とか
そりゃないだろって感じのことを言ってるのが面白すぎ

そんな彼女に男の本音をバンバン教えてくれるアレックス。
ことごとく現実を見せられるのも面白いというか為になるというか

なかなか出会いがない女の子の話の他に、長年同棲してるけど結婚に進展しないカップルや、結婚してるけど旦那が浮気してる夫婦や。

一部を除いて、ハッピーエンドになったのは良かった

ならなかった人たちは。
まー仕方ないね~という終わりであった。。。

なかなかよく出来た話だったと思う

ちなみに私の好みは「ニール」
ビジュアルじゃなく役がとってもよかった


ファーストデーがお休みに重なると3本は観れるから嬉しいな



よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2009年07月05日 (日) | 編集 |
先日『呪怨 白い老女・黒い少女』観た

「黒い少女」の方に瀬戸くんが出ていたからというのもあるし、今までの呪怨シリーズはビデオ版から見ているので今回も観にいったわけだけど。

清水監督が監修になってて、監督は白い老女・黒い少女とも別な人。

怖くない~~

呪怨のパチモノみたいになってる。。。

監督も変わって伽椰子は出てないのに(伽椰子がいない時点で既に呪怨ではない。。。)なぜか俊雄は出ている・・・。
オマケのような扱い・・・

俊雄と行動を共にしている(?)変な男の存在とか意味不明。
このあたりで結構しらけるというか。

俊雄を出すことで呪怨シリーズっぽく見せようとしているのなら大失敗

慣れればそれほど怖くないけど、最初見たときの俊雄は超怖かったのに、この映画では全然というか。

怖いシーンでもないところで何故かポンと白塗りで裸にパンツ姿の俊雄を出すもんだから、映画館のあちこちで笑いが起きていた。。。

それだけでも興ざめ。。。

こんなことしないと「呪怨」らしさを出せないのなら「呪怨」というタイトルを使わないでほしいな~~

フラストレーションを解消するため、ビデオ版と映画(1のほう)の「呪怨」をレンタルしてきた

4_30845.jpg


ちなみに、映画版「呪怨2」はあまり面白くない。途中までいいけど最後が・・・。

ハリウッド版「呪怨」も1はちゃんとしたリメイクだからかなり面白かったし、日本版よりも初心者に分かりやすい作りになっているけど、2の「呪怨パンデミック」はオリジナルストーリーになってしまって面白くなかった・・・。



よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2009年06月23日 (火) | 編集 |
久々~~


先週の水曜日「おとなり」観てきた

ジャニーズものは観ない私だけど。。。

「隣人の生活音だけで恋に落ちる」という何ともマニアックな設定が面白いかなと思って

しかし。。。

音聞こえすぎだろう

あんなに音が響くアパート、私なら即出て行くだろう。。。

口ずさむメロディー
フランス語のレッスン
くしゃみ
加湿器・火箸風鈴の音
コーヒー豆を挽く音
チェーンキーホルダーが揺れる音

こんなのが聞こえるなんて

それが安らぎをもたらすなんて・・・・

私にはないな~そんな安らぎ。

以前上の住人の生活音や水漏れ(というより滝状態)に悩まされた私には無理。


まー映画だから。

会社の友人は「お隣同士があの2人だからいいけど、変なおじさんが隣に住んであんな生活音が聞こえてたらヤダ」と言ってた

確かに


この二人。全く知らないお隣同士の設定ならよかったんだけど、2人は中学(高校?)の同級生だったっていうのが分かってちょっと興ざめ。。。

そんな偶然

知らない同士でいいじゃないって思ったんだけど。
その方が自然な感じがするし。


いいなと思ったのは。

二人が住んでる武蔵野アパート。
外観も落ち着いたいい感じ、入り口から見える階段もクラシックな感じでいい
あと聡の部屋がとっても良かった
ここって家賃いくらの設定なんだろうと現実的なこと考えながら観てた


こんな感じのアパート大好き

DocomoのCM(山崎努が管理人でマツケンや堀北まきが住んでる)のアパートとか。

ちゅらさんに出てきたアパートも。

いいなぁ~~




よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2009年05月07日 (木) | 編集 |


もう過ぎてしまったけど。

誕生日に友人と映画&食事に行ってきた


見た映画は「GOEMON」

キャシャーンの紀里谷監督の作品。

友人は「ゲームみたい」と言っていた。

確かにそんな感じ
私にはとっても面白い映画だった

出演者が実際よりも数段かっこ良く見えるのは、メイクとか衣装のせい

江口も大沢たかおも玉鉄もそれほどファンってわけじゃないのに、かっこよかった

あ、要潤は普段もカッコ良くて映画でもカッコ良かったけど

橋之助の織田信長も意外と合っていた
「この映画の信長」に合っていたって感じ。
この映画の中だと、秀吉の方が信長っぽいキャラになってるからな~。
「人生五十年」の舞はサスガって感じ

大沢たかおの霧隠才蔵良かった~~
ちょっとファンになってしまいそう

あ、あと全然予備知識なかったけど、才蔵の子供時代佐藤健くんが演じていた
なんかとっても大人っぽくなっていて、一瞬分からなかった
健くん、美少年っぷりが◎

メイクに衣装に、派手なアクションもとってもいい
豪華キャストも見所
最後の方の才蔵の芝居も良かった
カッコいい

あ、やばい。
また観てしまいそう・・・


その後は神楽坂行って

吉村葉子さんのお店「ジョルジュ・サンド」に行ってきた
焼き菓子専門のお店で、焼き菓子はもちろんアイスクリームも自家製で、とっても美味しい
紅茶の種類がいろいろあり、ティーポットは急須、それも「ピンクの急須」ととてもこだわりを持たれていた
店内もなんだか和む感じ

吉村葉子さんは作家さんで、フランスに20年間滞在していた体験から、フランスの生活、フランス人のことを本にされている。

私が最初に読んだのは
『お金がなくても平気なフランス人 お金があっても不安な日本人』

お金がなくても平気なフランス人 お金があっても不安な日本人 (講談社文庫)お金がなくても平気なフランス人 お金があっても不安な日本人 (講談社文庫)
(2007/01/12)
吉村 葉子

商品詳細を見る


多分5~6回は読み返している
そして、日々反省。。。

他にも
『パリでみつけた お金をかけずに人生を楽しむ本』

パリでみつけた お金をかけずに人生を楽しむ方法 (なでしこ文庫)パリでみつけた お金をかけずに人生を楽しむ方法 (なでしこ文庫)
(2008/09/19)
吉村葉子

商品詳細を見る


『少しのお金で優雅に生きる方法』

少しのお金で優雅に生きる方法少しのお金で優雅に生きる方法
(2006/09)
吉村 葉子

商品詳細を見る



等々。
贅沢に暮らす日本人に対して、「こんな生き方もあるよ」って教えてくれる本がたくさん

オススメです





よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2009年05月02日 (土) | 編集 |
今日は5月1日ファーストデー

ついでにメーデーで会社はお休み

映画観まくり

と思っていたんだけど、4月に観すぎて何観ようか悩む悩む。。。

夜は有楽町で友人と待ち合わせて映画だったから、今日の映画は全て有楽町で観ることにした。

ミルク
アンティーク 西洋骨董洋菓子店
ピンクパンサー2

「ミルク」は、ショーン・ペンがゲイ役というのに衝撃をうけ「絶対観よう」と思っていたもの。
ショーン・ペンって硬派なイメージで、ゲイ役なんて絶対やらないようなイメージだったのに、さすが役者
ものすごくハマっていて全然違和感なかった

実在する人物ということで、エンドロールでは俳優さんの写真と実物の写真が流れた。
みんな本物にかなり近いイメージに作っていて、それも感激

もちろん内容も良かった

これももう1回みたいなぁ


「アンティーク 西洋骨董洋菓子店」は、観るものがなくて観たという感じ。
主役の俳優が麻薬で逮捕された関係からか、当初22日くらいまで上映予定だったのが8日までになったということ(映画のレビューに書いてる人いた)。

原作ファンとしてはもっとキャスティングに力を入れてほしかった。

神田役と千影役。

神田は全然可愛くないもっといい役者はいないのか

千影はほとんどサングラスかけてるから外さなければいいのかもしれないけど、サングラスの形は原作の形にしてほしかった。なんだか時代遅れっぽい大きい形。

橘はシルエットとか髪型とか全体的な雰囲気は出ていたかも。HP等の写真で観るより動いている方が良い感じ。
でも目の辺りだけ見ると、日本版(大失敗のアンティーク)の橘役:椎名桔平っぽい。細い感じが。

小野は原作より女性っぽい感じの顔のつくり。
ま、これはこれでいいのかも

ストーリーはほぼ原作に沿って作られているんだけど。

4巻ある原作のお話の上澄みをすくって作ったような感じ。
もっと深く掘り下げてほしいところがチラホラあった。

神田がフランス語学校に行く話も入れて欲しかった。
神田のイラつきと「いらない子」発言も。

小野と千影が雨の中でクルクル回って踊ったり(笑)、飲みに言ったり云々の後。
小野が千影とは何もなかったと言い切って、それにたいして橘が小野を平手打ちして「千影に謝れ」というシーン。
映画ではなんだかナァナァに終わってしまった。
ここも千影のピュアな部分が表れてるエピソードだから、こういうところは省かないでほしい。

小野と元彼のフランス人シェフの話も、暴力を受けた小野に対して原作ではもっと橘や千影が気遣っていたのに、映画では誘拐事件と同時進行っぽくなってて、サラリと終わってしまったし。

私のお気に入りの、常連の夫婦。綺麗で気の強い奥さんと禿げておとっつぁんみたいな旦那さん。
この2人も出してよ。
デブのおばさんとその息子に代わってしまってた。。。

1本の映画の中に色々詰め込みすぎてて、全体的に印象薄い感じになってた気がするな~。

もっとケーキについての語りもほしかった。

ま、色々書いたけど、日本のドラマ版「アンティーク」よりは千倍良く出来ていたとは思う。
ちゃんと文字色「魔性のゲイ」と「誘拐事件」を入れてたし。
日本のは最悪だったから。主役変わってたし設定も変わってたし。

日本もジャニタレで視聴率稼ごうとかしてないで、原作重視なちゃんとしたドラマ作ってよね~~


「ピンクパンサー2」は友人が観たいと言ったので。

でも、面白かった~~~

ピンクパンサーは昔のしか観たことなかった。昔のも結構面白かったけど。
新しいのもいい

何も考えずに、見たままで笑えるバカバカしいんだけど面白い

1も観たくなった


ファーストデー。

目標の3本観れて良かった~~



よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2009年05月02日 (土) | 編集 |
ひさしぶりの日記

肩こりが酷くて、家に帰ってもPCほとんど開かず。。。
おこづかい帳を入力する時だけ1週間に1回くらい使うだけ。

その間何していたかといえば。

ほとんど映画観てました

以下、4月に観た映画。

ジェネラル・ルージュの凱旋(2回目)
イエスマン
ホルテンさんのはじめての冒険
ワルキューレ
ドロップ
ホルテンさんのはじめての冒険(2回目)
ウォッチメン
相棒
レッド・クリフ2
クローズ・ゼロⅡ
パニッシャー・ウォー・ゾーン
グラン・トリノ
鴨川ホルモー
バーン・アフター・リーディング

一部感想

「クローズ・ゼロⅡ」はやっぱりいい
なにがいいって、「喧嘩は素手でするものだ」と言い切ってるところ
ドロップ観たときの不快な気持ちがクローズで一気にふきとんだ
(ドロップは武器使って、「人間なんて簡単に死なないんだ」って言って、頭ガンガン殴ってた・・・)

そうそう、喧嘩は素手でないとね
観ててつまらないから。

山田くんもいい
あの座った目がいい
超ウマい
古そうなビニ傘売ってたり、でっかいダーツ作ったりと、今回も相変わらず訳のわからんことしてたり笑える

春馬くんの出番は少なかったけど、続編で出るのかな

喧嘩のシーンも切れがあって(スタント使ってるんだろうけど)かっこいい
敵も見方もカッコいい

クローズ観た後に「鴨川ホルモー」観た
こっちの山田くんもいいね~~
ウマい
鬼たちもキモ可愛いし
予告ではちょっと心配だったけど、かなり面白かったと思う
京都の風景も良かった~~

その他に、相棒レッドクリももちろん面白かった。
レッドクリフ・鴨川ホルモー・クローズは2回観ようと思ってるし。

でも一番いい映画だったのは

『グラン・トリノ』
久々にこんなにいい映画を観た

クリント・イースト・ウッド引退の映画だっていうから「絶対観よう」と思って行ったんだけど、引退とかそういうの関係無しに素晴らしい映画だった

ホントに引退なのかな~~。
78歳だから仕方ないかもしれないけど、もったいない。。。
監督だけでももう少し続けて欲しいものだ

もちろん「グラン・トリノ」も2回目観にいく



よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2009年04月13日 (月) | 編集 |
今話題の水嶋ヒロが出ている映画。
今回の結婚話が発表される前に見に行こうと思っていたんだけど、発表後に見に行くと「興味本位」っぽく思われそうで嫌だな~~

映画は。
この映画のテーマみたいなのが全く分からなかった。
ただただ無駄に喧嘩をし続けている不良っていうだけ。
敵だと思っていた赤木たちと喧嘩の末つるむことになり、赤木たちを助けるために族に立ち向かうという最後の部分だけは、まーアリかもって感じだったけど。

会話の中にもボケとツッコミがあちこちにあるんだけど、それほど笑えないし、そんなんばっかりだと飽きてしまう。

最後のヒデ君が死ぬという展開。ここが最悪だった
先が読める感じで興ざめ・・・。
誰か殺して感動させようなんてツマラナイ展開、どうしてやっちゃうんだろう
韓国ドラマかと思うような安っぽさ。

「人間なんて簡単に死なない」といって武器使って散々頭を殴りまくるという場面が何度もあり、「ヤンキー映画だから」というのを差し引いてもちょっといただけない。

水嶋ヒロの怖演技はワンパターンでまだまだだし。どれも同じ表情。

クローズ・ゼロやROOKIESなど不良映画・ドラマが出てきて、どちらも内容がしっかりしていて出来が良い。
ハッキリいって目が肥えてしまっている。
同じようなヤンキー物で果たして勝負できるのか?大丈夫なのか?と思ったけど、案の定安っぽさの目立つ作品になってしまった。

最近は芸人さんの書く本がヒットして映画化されたりしているけど、「ホームレス中学生」や「陰日向に咲く」等に比べるとかなり低レベルなんじゃないのかな。
私は「陰日向に咲く」は観ていないんだけど、周りの評価はとてもいいから。

「ドロップ」はつまらない不良漫画という感じで、品川が書いたものっていうんじゃなければ映画化なんてされないと思う。




よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

2009年04月08日 (水) | 編集 |
今日は前から観たいと思っていたホルテンさんのはじめての冒険を観てきた

http://www.horten-san.jp/


勤続40年のまじめな運転士ホルテンさんが、定年退職日に人生初の遅刻をしたことから巻き起こる騒動を描くハートウォーミング・ストーリー


というお話。

ほのぼのできるかな~とか、結構期待して観たんだけど。。。

感想書けません。。。

何故かというと。。。

もう、ほとんど寝ていたから

はじめの5分くらいまでは起きていて、最後の3分くらいに目が覚めた

だからといって、「つまらない映画」ってわけじゃないと思うんだけど、まー観てないからなんとも言えないんだけど。。。

周りに座ってたリピーターみたいな人達は、結構笑っていたし。

なんだか映像が静か~な感じで、それがとっても心地よくて、ウツラウツラと。。。
観ているようで観ていない状態かと思いきや、その間の内容を全く覚えていないので、完全に寝ていたのと同じこと。


ま~、3日連続花見やって、散々歩いて、その上昨日は久々に3時過ぎまで起きていたから、眠くなったのも仕方ない


「ホルテンさん」は来週火曜日(上映映画館は火曜日が1,000円デー)にリベンジだ


しかし、あんなに気持ちの落ち着く映像。ヒーリング効果抜群

寝る前に睡眠導入の意味で見るといいのでは

ちょっとDVD欲しい・・・かも・・・



よろしくお願いします(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村